カラトラバ Ref 3483A-001

コンディションB: Near Mint - 多少の使用感、目立ったキズなし

 
[価格お問合せ]
7-27-996
SOLD OUT
  • この商品についてお問合せ

当店において、2PC目のステンレススティールケースのカラトラバRef.3483が入荷致しました。アンティークウォッチの世界ではステンレススティールの生産個数が極めて少ないため、貴金属を使用したケースと同等、またはそれ以上の価値が認められる事も御座います。Ref.3483は、素材の価値よりも、稀少性の価値が高く評価された希少なお時計になります。オールドパテックにおいても、キズのつきにくいステンレススティールモデルの人気が高まっているそうです。当時の時計としてはケースも厚く、大振りな経のお時計でございます。しかし、それはパテックフィリップ社が凝ったムーブメントを作り上げるという目的を達するための、代償でした。逆を言えば、その大振りなケースはより効率のよいキャリバーを搭載した時計の象徴とも言い換えることが出来ます。その効率的なキャリバーは、Cal.27SC。パテックフィリップとは言え、時代の流れを無視するわけにはいきません。従来のスモールセコンドに変わって誕生したセンターセコンドという表現方法は当時の流行でもありました。それに応えるべく、パテックフィリップ社がまず世に送り出したのが12SCで御座います。ベースとなっているのはRef.96等、数々の名作に搭載されたCal.12-120で、その上にセンターセコンド用のモジュールを載せてあります。1分間で1回転する4番車、この軸に新たに歯車を取付け、伝え車を通過し中央の歯車に伝えるこの方式は、パテックフィリップ社ならではの凝った作りになっており、クロノグラフ機構の応用とも言えるでしょう。12SCはセンターセコンド専用のキャリバーではなく、あくまで、スモールセコンド用のキャリバーに追載をした、過渡的なキャリバーと言えます。その後、完全なセンターセコンド専用として改良され登場するのが、本商品に搭載されたCal.27SCで御座います。4番車を2番車に重ねるという構造上、スモールセコンド式キャリバーより、約1ミリ弱厚くなっています。これが、先程お伝えしました、凝ったムーブメントを作り上げるという目的を達するための、代償でした。 しかし、12SCのような追載する機能が必要ではないため、文字盤もシンプルなフェイスになり、より効率的と言えます。永久カレンダーのベースとしても用いられるなど、その安定性には定評が御座います。文字盤の12時側に変色、6時側にヘコミが御座います。いずれも僅かながらですが、ダメージが御座いますので、Bランクに致しました。27SCを搭載した中でも希少なステンレススティールモデルを是非、直に御覧くださいませ。

仕様
商品番号7-27-996
ブランドパテックフィリップ
商品名カラトラバ
型番Ref.3483A-001
キャリバーCal.27SC
販売価格
年式
オプションアーカイブ申請中
サイズ35mm
ダイアルカラーシルバー
ムーブメント手巻き
ガラス素材プラスティック風防
ケース素材SS
防水性能非防水
ベルト素材アリゲーターオリジナルストラップ
仕様・特徴スクリュー式・ケースBACK
コンディションB: 多少の使用感があるがほとんど目立ったキズはない状態
保証PP TIMES SQUAREオリジナル1年保証
Condition
コンディションについて
S: Unused - 未使用品

未使用品、未開封品
Item has never been worn.
A: Mint - 新品と同様の状態

キズもなく新品と同様の状態
As good as new without any blemishes.
B: Near Mint - 多少の使用感、目立ったキズなし

多少の使用感があるがほとんど目立ったキズはない状態
Not look brand-new, but without major blemishes.
C: Average - 使用感もしくはキズあり

汚れ、傷、変色などが認められるもの。
Not as good as new or with blemishes.