ゴンドーロ トノー Ref 3842P-11D

Year: 1980's

コンディション

 
[価格お問合せ]
6-27-411
SOLD OUT
  • この商品についてお問合せ

パテックフィリップ社では、1868年のファーストピースを機に、スイスにおいての本格的な腕時計製作に入りました。実は、トノー型(樽型)にデザインされたモデルは、そんな腕時計の開発期に既に存在していたのです。勿論モデルネームはゴンドーロではなく、単にトノーと呼ばれていました。ゴンドーロの名の由来は古く19世紀後期に遡りますが、PP社にとっては、とても大切なネームとして、 20世紀後期に腕時計としてのゴンドーロがデザインされました。長方形のレクタンギュラーがトレードデザインとなり、ラウンドのカラトラバと目線を隔してその雰囲気を堪能する方々に親しまれ、尚、数種の現行モデルがゴンドーロファンを魅了して止みません。この度、ご案内のトノーケースは、PP社のデザインとしては非常に少ないシェイプで、1984年に発表され数年間の展開の中で量産されぬままに生産を終えています。その中にあってプラチナケースは非常に少なく、他のモデルと同じ様に、最高材質としての繊細な証としてダイアル・インデックスにダイヤモンドを使用しています。ムーブメントには、精度を落とさずに薄型化と軽量化を叶え開発された、Cal.175の後継機種で、Cal.177が搭載されています。世界的に薄型でドレッシーなデザイン、若しくはハイジュエリーウオッチの販売が進んだこの時代において、ケースのデザインを重視出来る程の、薄型でコンパクトなキャリバーは貴重な戦力で有ったでしょう。このモデルにおいては、何故か?ケースBACKに巻芯を止めるネジがセットされていて、防水性から考えるとナンセンスと言えますが、当時の試みとしては、PP社なりの工夫がされていた様です。ケースBACK側に、ムーブメントを定置出来るスペースが構造されていて、巻芯の通るパイプも同じくケースBACKに固定されています。現在ですとジョイント巻芯を採用するのでしょうが、この時代には、未だ、ジョイント式巻芯を活用出来るムーブメントが存在していません。そこで、このケースBACKのネジを利用して、そのスペースの穴から、オシドリネジを緩めて巻芯を抜くと言う思い切った構造に踏み切った様です。そして、UltraThinと呼ばれる、このゴンドーロを世に送り出したのでしょう。どちらかと言うと、小型で薄型のゴンドーロですが、トノー型としてのレアシェイプ、プラチナケースとしてのゴージャスさ、等は一度、嗜みに加えて頂きたい心境です。是非、ご来店の際にはご覧に成られて下さい。

仕様
商品番号6-27-411
ブランドパテックフィリップ
商品名ゴンドーロ トノー
型番Ref.3842P-11D
キャリバーCal.177 
販売価格
年式 1980's
オプションアーカイブ申請中
サイズ32mm×41mm
ダイアルカラーシルバー
ムーブメント手巻き
ガラス素材サファイアクリスタル
ケース素材PT
防水性能非防水
ベルト素材オリジナルストラップ PT尾錠
仕様・特徴11ポイントのダイヤモンド・インデックス(ダイアル修復再生)
コンディションC: 使用感もしくはキズあり
保証PP TIMES SQUAREオリジナル1年保証
Condition
コンディションについて
S: Unused - 未使用品

未使用品、未開封品
Item has never been worn.
A: Mint - 新品と同様の状態

キズもなく新品と同様の状態
As good as new without any blemishes.
B: Near Mint - 多少の使用感、目立ったキズなし

多少の使用感があるがほとんど目立ったキズはない状態
Not look brand-new, but without major blemishes.
C: Average - 使用感もしくはキズあり

汚れ、傷、変色などが認められるもの。
Not as good as new or with blemishes.